小田急線      時刻表      路線図     定期券      ロマンスカー
小田急線      時刻表      路線図     定期券      ロマンスカー

■小田急線

小田急線の歴史

小田急線の歴史●

小田急線についてのご紹介をしています(^.^)


戦前の小田急線は、利光鶴松が経営した電力資本・鬼怒川水力電気を親会社としていた。
利光は郊外鉄道の将来性に着目し、東京市内の地下鉄網「東京高速鉄道」・山手線を外周する「東京山手急行電鉄」・城西地区の開発を目的とした「渋谷急行電鉄」などを次々と企画した。
結局実現したのは小田急線と井の頭線(渋谷急行計画の後身)だけであったが、東京高速鉄道は後に五島慶太らの手により実現した。

電力国家管理に伴う日本発送電への統合で、基幹事業の電力部門を奪われた鬼怒川水力電気は小田急を合併し、電鉄会社となったが、中国山東半島での鉱業に乗り出したのが裏目に出て同社の経営を圧迫した。
失意の利光は高齢もあって引退を決意。
一切の事業を東京横浜電鉄の五島慶太に譲渡した。
このため企業乗っ取りの歴史である大東急形成の中で、小田急線だけは事情が異なるのだが、大東急解体の旗頭となったのもまた小田急線であった。

【ウィキペディア(Wikipedia)より】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69369706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。